2019年3月8日金曜日

着付けを始めませんか

【教育方針】  
 きものをどのように美しく着るか。
それはただ単に、技術だけを習得するだけはありません。
 きものは心ばえの美しさ、優しさで着るものです。着こなしの立居振舞、磨かれた豊かな教養、それらがきもの姿を一層美しく引き立てます。



一切道具類を使用しない手結び紐結びによる自然な着付けを、みなさんの進度にあわせて、基本からしっかり学べます。


(着付け教室:山田町本部教室)
着付け教室・・毎週水曜日
午前クラス(10時半~12時半)
午後クラス(13時半~15時半)
入学随時 月謝制で5,000円(月4回)

着付け研修校 
(神奈川県認定職業訓練校) 春・秋新初級コース開講 
週一回コース、2019年度春季 月・火 

※ 着付けの基礎からプロまで、体系だった授業です。



(着付け教室・協会各教室)
入学受付中です。曜日等は、お近くの当協会教室にお問い合わせください。
協会認定教室へ(協会紹介ページ)

日本きもの着付士協会
本部:横浜市中区山田町4-1-105
連絡先:電話045-251-1955 メール:yyoffice@gmail.com
場所:地図リンク

お問合せフォーム



2019年3月7日木曜日

研修校・春季入学生募集中 

(日本きもの着付士研修校)
春・秋季に初級の新規コースを開講  
講師は協会教授、着付け技能士1級取得者です。
(神奈川県認定職業訓練校)


春季4月生 募集中
月曜13時半より   
週1回、六か月間

水曜10時より本部教室で説明会開催

初歩の方から、着付けを職業としたい方、美容師の方々などプロを目指す方までの体系だった充実のコースです。ナルを養成する講座です
国家検定「着付け技能士」の資格取得を目指すにも格好の講座です。
★修了時には、神奈川県知事よりの修了証書が授与されます


※ 職場単位での受講、もう一度基礎から技術を磨きたい方々など、ご参加をお待ちしております。

(初級コース)概要
・きものの基礎知識
(各部名称)
・半衿の付方 関東・関西仕立
・街着の着付けと名古屋帯
・乙女太鼓、角出し太鼓
・二重太鼓
・振袖の着せ方と帯結び
  立矢、文庫、二枚扇 など
  
初級修了後、中級、上級へと進級します。
週1回3時間、6ヵ月間 
春・秋初級開講 月謝制

詳細は当協会事務局までお問い合わせください。
【日本きもの着付士協会】
本部:横浜市中区山田町4-1-105
連絡先:電話045-251-1955 メール:yyoffice@gmail.com
場所:地図リンク

お問合せフォーム
 

2019年3月6日水曜日

着付け技能士(国家検定)実技対応短期講座

着付け技能士 

短期集中実技研修会 

平成31年度は4月から開催。予約受付中。   

* 「着付け技能士」国家検定実技試験の準備など     
* 着付け技能士1級資格者が講師です
* 着付けのポイントを短期で集中して講習いたします
 (持ち物準備のポイント、実技課題練習、模擬試験実習)
      少人数個別指導です。

 ◎参加形態 

開催日程のなかで3回をお選びください
皆様の進度に合わせて指導いたします

◎ 授業料 18,000円(3回分) 当協会会員15,000円(3回分)

*ご希望の方は下記宛てにご連絡ください
 日程の都合上、1週間前までのご予約をお勧めします。
◎日程(事前予約制)
12月まで順次開催 各回,2時間

◎受付
日本きもの着付士協会
本部:横浜市中区山田町4-1-105
事務局 TEL 045-251-1955
メール:yyoffice@gmail.com













(平成31年度 パンフレット)


2018年3月1日木曜日

※定期 文化講座※

 日本きもの着付士協会 文化講座
当協会では、着物に関する知識を深めたい方々などに向けて、様々な分野からの先生をお招きして、年に2回の教養講座「大学講座」を開催しております。

「小袖を中心とする日本の服飾史」
「手描き友禅」
「和裁からきものの創作」
「香という美を纏う」千年の香りの歴史
など多彩です。


2019年2月9日の冬の大学講座は、
「素晴らしき装束の世界」今に生きる千年のファッションとの演題で、八條忠基先生に、十二単などに代表される、宮廷や公家社会で着用されてきた衣類「有職装束」について、実演も交えながらその歴史をご紹介いただきました。